【ワラヤの日報】重説製本、ご決済の準備などなど

苦手な製本作業、早めに完了してほっとしてます

本日は売主業者様に確認いただいた上でGOサインが出た重説(重要事項説明書)を製本。
その他、一般媒介契約書、専属専任媒介契約書、不動産売買契約書を製本。製本。製本。

以前の日報でも書きましたが、僕はこの製本作業が苦手です。
手が震えるので書類を綴じる際にすごく時間がかかります。
ご契約は日曜日に控えていて、早めに完了した今はほっとしてます。
これが終わらない内は「急に予定が入ったらどうしよう」と常にドキドキです。

ご決済の準備、分かりやすくを心掛けて

これに加え、本日はご決済の準備もしました。
具体的に何をしているかというと、振込伝票や払戻請求書の見本作成。
お客様にご記入いただく際ちょっとでも分かりやすいようにと思って、銀行の伝票をコピーして手書きの見本を作っています。

もちろん各種請求書はマストでご確認いただくのですが、それでもちょっとした補助はあった方が良い気がして。
「ここ1マス空けてください」とか「¥〇〇〇,〇〇〇-ですね」とか口頭でお伝えするより、書くこと・確認することに集中できる環境を作る方が僕のやり方に会っていると思います。
お客様にも「これだと分かりやすいなー」と思っていただけたら嬉しいです。

この記事を書いた人

わらや もとき

お住まい探しは十人十色。
一つとしてテンプレート通りのものはございません。
様々なケースに対応できるよう、日々自分自身をアップデートしています。

仙台市にて全国展開の不動産会社へ勤務。
その後いわき市の地場大手不動産会社で経験を重ね平成31年に独立。

お客様のご要望を十分に伺った上で住宅ローンの提案を心掛けています。
最近はお客様のみならず、同業者や取引先の方から個人的な相談を受けるほど。