【ワラヤの日報】金消契約、このタイミングになると少し寂しいです

金消契約、手際よく完了しました

本日は早朝からお問合せ内容をチェック。
あまり早くに返信してしまってもご迷惑かと思い、少し時間を置いてから返信しました。
お問合せいただいた物件の販売状況チェック、金消契約用の書類再チェック、新規物件情報をポータルにアップなどなど。

夕方からいわき市にて金消契約(住宅ローンの契約)がございました。
今回も会場はガスト。融資担当者さんの段取りもさることながら、お客様のサインのスピードもかなりのものでした。
僕は邪魔にならないようタイミングをみて今後のことを少しご説明。手際よく完了して何よりです。ありがとうございました。

このタイミングになると少し寂しいです

今回のお手続きののち、残すところはご決済(お引渡し)のみ。
なんだか寂しくなります。
毎度のことですが、金消契約が終わるとこんな気持ちになります。

今までいくつものお手続きにご協力いただいて、お客様には感謝しかないです。
最後まで気は抜けませんが、無事良いお引渡しとなるよう祈っています。

この記事を書いた人

わらや もとき

お住まい探しは十人十色。
一つとしてテンプレート通りのものはございません。
様々なケースに対応できるよう、日々自分自身をアップデートしています。

仙台市にて全国展開の不動産会社へ勤務。
その後いわき市の地場大手不動産会社で経験を重ね平成31年に独立。

お客様のご要望を十分に伺った上で住宅ローンの提案を心掛けています。
最近はお客様のみならず、同業者や取引先の方から個人的な相談を受けるほど。