【ワラヤの日報】新築一戸建ての費用明細書、こんな風につくってます

あくまで概算ですが事前にチェックしておきたい

本日はお問合せいただいた物件の費用明細書を作成。
お取引きの流れの中で段々と明確になってくるのですが、ご案内の時点ではあくまで概算費用となります。

ただ明細書を作成する前にハザードマップだけはチェックしておきたくって。
本日は3物件分の洪水・内水・ため池・火山のハザードマップを閲覧していました。
お家の保険料に影響することだからというのは勿論、案内前に「こういう土地なんだな」ってなんとなく想像できるようにしています。

電話をしっぱなしの一日でした

本日はただいま本審査を受けていただいている最中のお客様と何度かお電話。
金消契約までに集めていただく書類についてLINEと電話の両方を使って打ち合わせをしていました。

その他、金融機関さんへの質問、司法書士法人さんへの質問、オプション業者さんと打ち合わせなどなど。
電話しっぱなしの一日でした。
こういう時、アナログですがコピーをミスした裏紙への殴り書きが役立ちます。
かっこよくITを駆使できるのはまだまだ先のことになりそうです。

この記事を書いた人

わらや もとき

お住まい探しは十人十色。
一つとしてテンプレート通りのものはございません。
様々なケースに対応できるよう、日々自分自身をアップデートしています。

仙台市にて全国展開の不動産会社へ勤務。
その後いわき市の地場大手不動産会社で経験を重ね平成31年に独立。

お客様のご要望を十分に伺った上で住宅ローンの提案を心掛けています。
最近はお客様のみならず、同業者や取引先の方から個人的な相談を受けるほど。