いわき市にてご案内、時にはオススメしないこともあります

フリースタイルでも対応可能ですが

本日いわき市にて新築一戸建てのご案内。
今回のお客様はLINEをお使いではなかったため電話対応。事前情報があまり多くないまま現地でお会いすることになりました。
ゼロ仲介では住宅ローンの提案をするため、お客様にご入力いただくフォームを設けています。いただく情報が多いほど適確にお答えできますが、少なくともご対応は可能です(ただしあまりスムーズではありません)。

(今回口頭で)いただいていた事前情報では、正直なところ厳しい資金計画と判断しておりました。
本日より詳しいお話をうかがったのですが、やはり融資の可能性は低く、そして実現したところでそれはお客様のご希望を満たすものではありません。
融資を受けられたとしてもその後の生活はどうなるのか、と大きな疑問もありました。

グレーな方法なら、でもそれはやりたくない

「これは黙っていましょう」という方法でお客様のご希望をほぼ通せる可能性もあります。
ただし融資を受けるにあたっての告知事項を故意に伝えない、というグレーな方法です。
なにかあった時、お客様の背負うリスクが大きすぎます。絶対にやりたくないです。

今回そうしたリスクやお客様の置かれた状況の整理、各金融機関の判断について予想を述べました。ネガティブなことをお伝えするのはこちらも心苦しいです。結果的に購入を見送るよう誘導する形になってしまったかもしれません。
もちろん、判断自体はお客様にお任せすべきだとは思うのですが、どうしても言わずにはいられなくって。
結果的に「相談できてよかったです」と言っていただけました。がしかし、なんとも複雑な心境です。

この記事を書いた人

わらや もとき

お住まい探しは十人十色。
一つとしてテンプレート通りのものはございません。
様々なケースに対応できるよう、日々自分自身をアップデートしています。

仙台市にて全国展開の不動産会社へ勤務。
その後いわき市の地場大手不動産会社で経験を重ね平成31年に独立。

お客様のご要望を十分に伺った上で住宅ローンの提案を心掛けています。
最近はお客様のみならず、同業者や取引先の方から個人的な相談を受けるほど。